住宅写真を撮影してみよう【焦点距離編】

色々悩んで建てた家や選んだ家の写真を撮ってみたいと思いませんか❓

 

お気に入りの家具などでインテリアを整えたら、撮影のチャンスです📸

住みはじめると、荷物がどうしても増えてしまい掃除や整理整頓をしないと撮影できませんよね💦

是非、住みはじめたばかりの頃に写真を撮るのオススメします👍

 

さて、家の中を撮影する場合困るのがカメラ選び📷

特にレンズ選びは大切となります🤔

 

まずはこちらの写真を御覧ください⬇️

こちらの写真は、RICOHのGRIIIに専用のワイドコンバージョンレンズを装着し撮影したものです📷

部屋が狭く感じませんか❓

 

こちらの写真は焦点距離が21mm相当(※同一の基準で比較できるよう、焦点距離を換算しています)
風景などを撮影する際には十分なものの、住宅の内観撮影には狭い焦点距離です😣

 

続いての写真⬇️

こちらはSIGMAのカメラSD quattroに15-30mm相当(※同一の基準で比較できるよう、焦点距離を換算しています)のズームレンズの組み合わせで撮影しました📷

 

撮影時の焦点距離は最広角の15mm相当

先程に比べると、若干広く感じますが寝室などの居室ではまだ狭さを感じます🤔

 

そして、最後に紹介する写真です⬇️

こちらの写真は、SONYのα7IIIに焦点距離12−24mmのズームレンズを装着して撮影しました📷

 

もちろん、撮影時は最広角の12mm

ご紹介した写真のなかで一番広く感じると思います👍

 

ほぼ同一の位置から撮影しており、比較しやすい写真をセレクトしました🖼

焦点距離が広角なレンズほど、広く部屋が写ります📸

 

レンズのレンタルサービスなどがありますので、焦点距離が短いレンズを選ぶのがオススメです😊

記念に撮影してみてはいかがでしょうか☺️