戸建てとマンション

戸建てとマンション

マイホームの購入を考え始めたとき、戸建てにするか?マンションにするか?迷うことがあると思います。

多くの人が最初に悩むポイントではないでしょうか。

今回は住みやすさや資金面から、戸建てとマンションを比較していこうと思います。

住みやすさ

広さから考える

2021年度フラット35利用者調査によると、住宅種別の首都圏平均床面積は下記のようになります。

注文住宅・・・123.8㎡

土地付き注文住宅・・・107.2㎡

建売住宅・・・98㎡

中古一戸建て住宅・・・104.5㎡

新築マンション・・・59.3㎡

中古マンション・・・65.1㎡

平均値ではありますが、住宅の広さから比較するとマンションに比べ戸建ての方が広さを確保しやすいといえます。

戸建住宅については平均100㎡超の床面積を確保できるのに対して、マンションは平均60㎡弱の床面積であり、その差は40㎡程度。
40㎡は約25帖となりますので、平均16〜20帖といわれるリビングを大きく超えるほどの差があり、広さが8帖ほどの居室であれば3部屋分の差といえます。

日当たりと風通し

日当たりや風通しは、高さのあるマンションが優れている場合が多いといえます。
しかしマンションであっても、住まいの階数や周辺環境、部屋の位置によって大きく異なってきますので注意が必要です。

対して戸建てについては、隣家との距離が十分確保されていたり、土地が高台にあるなどの条件によって、日当たりに恵まれるでしょう。
また風通しについては、窓の位置や広さを工夫することで向上させることができます。

ただし、「眺望の良さ」についてはマンションの高層階でのみ得られる魅力であり、戸建てで得ることは難しいものです。

セキュリティ面

セキュリティについては、オートロックや防犯カメラ、宅配ボックスなどの設備が備えられているマンションのほうが高いといえるでしょう。
管理人が常駐しているマンションもでは、有人管理による安心感を得ることができます。

対して戸建てについては、ホームセキュリティが防犯カメラが用意されていますので、自身で整えることができますが、導入には費用がかかってきます。

音のトラブル

マンションは各部屋との距離が近いため、隣接する左右の部屋や上下階の部屋には生活音などが伝わりやすくなります。
そのためトラブルに発展しやすく、十分に配慮して生活する必要があります。

しかし、マンションの場合には、道路を走行する車両の音や振動など、外部からの音については高層階になるほど伝わりにくくなります。

対して戸建てについては、上下階の部屋はもちろん、隣家との距離が離れていれば生活音などを気にする必要はないといえます。
環境によっては楽器の演奏など大きな音についても問題なくなります。

ただし、近くに大きな道路があったり、バスの通り道であったりと立地によっては車両の音や騒音など外部から伝わりやすくなってしまいます。

購入資金

続いては、戸建てとマンションを資金面から比較してみましょう。

2021年度フラット35利用者調査によると、住宅の種別による首都圏平均資金については下記になります。

注文住宅・・・3,899万円

土地付き注文住宅・・・5,132万円

建売住宅・・・4,133万円

中古戸建・・・3,151万円

新築マンション・・・4,913万円

中古マンション・・・3,295万円

平均資金から比較した場合、戸建てとマンションに大きな差はないように見えます。
しかし、平均床面積に大きな差があることを考慮し、床面積を踏まえて考えた場合には戸建てよりもマンションのほうが割高であるといえそうです。

そのため、同じ広さの住宅を手に入れる場合には、マンションより戸建ての方が割安になる可能性が高いです。

もちろんマンションについては、購入価格に共用設備や施設などの費用も含まれているため、単純な両者の比較だけで判断することは難しいでしょう。

メンテナンス

マンションでは共用部分の管理・修繕は管理会社が行ってくれます。 そのため自分自身で計画を立てる必要はありません。また、共用部分の修繕費用については修繕積立金として毎月一定額の積立が行われています。

ただし、修繕積立金は共用部分の修繕に使われる点に注意が必要です。
そのため室内の設備を修繕・交換する場合には別途で費用を捻出しなければなりません。

対して、戸建の場合は維持管理を自分で計画する必要があり、屋根に外壁、水回りなど修繕が必要になるタイミングは異なるため、費用を計画的に貯蓄する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

戸建てとマンションでは様々な違いがあり、それぞれの特徴を踏まえてどちらにすべきか判断することが大切です。

ペットを買いたい人であれば、戸建ての方が自由に飼うことか出来るでしょう。

セキュリティ面を重視したい人でしたら、管理人が常駐していたり、オートロックや防犯カメラが備えられているマンションのほうがいいでしょう。

あなたにとって、マイホームを購入するうえで何を重視したいか、何を大切にしたいかを考えた上で判断することも大切になります。

戸建てとマンションにはそれぞれに特徴があり、求める暮らしによって向き不向きがあります。
大切な選択だからこそ、迷われたときには是非ご相談ください。

戸建てとマンション

マイホームの購入を考え始めたとき、戸建てにするか?マンションにするか?迷うことがあると思います。

多くの人が最初に悩むポイントではないでしょうか。

今回は住みやすさや資金面から、戸建てとマンションを比較していこうと思います。

住みやすさ

広さから考える

2021年度フラット35利用者調査によると、住宅種別の首都圏平均床面積は下記のようになります。

注文住宅・・・123.8㎡

土地付き注文住宅・・・107.2㎡

建売住宅・・・98㎡

中古一戸建て住宅・・・104.5㎡

新築マンション・・・59.3㎡

中古マンション・・・65.1㎡

平均値ではありますが、住宅の広さから比較するとマンションに比べ戸建ての方が広さを確保しやすいといえます。

戸建住宅については平均100㎡超の床面積を確保できるのに対して、マンションは平均60㎡弱の床面積であり、その差は40㎡程度。
40㎡は約25帖となりますので、平均16〜20帖といわれるリビングを大きく超えるほどの差があり、広さが8帖ほどの居室であれば3部屋分の差といえます。

日当たりと風通し

日当たりや風通しは、高さのあるマンションが優れている場合が多いといえます。
しかしマンションであっても、住まいの階数や周辺環境、部屋の位置によって大きく異なってきますので注意が必要です。

対して戸建てについては、隣家との距離が十分確保されていたり、土地が高台にあるなどの条件によって、日当たりに恵まれるでしょう。
また風通しについては、窓の位置や広さを工夫することで向上させることができます。

ただし、「眺望の良さ」についてはマンションの高層階でのみ得られる魅力であり、戸建てで得ることは難しいものです。

セキュリティ面

セキュリティについては、オートロックや防犯カメラ、宅配ボックスなどの設備が備えられているマンションのほうが高いといえるでしょう。
管理人が常駐しているマンションもでは、有人管理による安心感を得ることができます。

対して戸建てについては、ホームセキュリティが防犯カメラが用意されていますので、自身で整えることができますが、導入には費用がかかってきます。

音のトラブル

マンションは各部屋との距離が近いため、隣接する左右の部屋や上下階の部屋には生活音などが伝わりやすくなります。
そのためトラブルに発展しやすく、十分に配慮して生活する必要があります。

しかし、マンションの場合には、道路を走行する車両の音や振動など、外部からの音については高層階になるほど伝わりにくくなります。

対して戸建てについては、上下階の部屋はもちろん、隣家との距離が離れていれば生活音などを気にする必要はないといえます。
環境によっては楽器の演奏など大きな音についても問題なくなります。

ただし、近くに大きな道路があったり、バスの通り道であったりと立地によっては車両の音や騒音など外部から伝わりやすくなってしまいます。

購入資金

続いては、戸建てとマンションを資金面から比較してみましょう。

2021年度フラット35利用者調査によると、住宅の種別による首都圏平均資金については下記になります。

注文住宅・・・3,899万円

土地付き注文住宅・・・5,132万円

建売住宅・・・4,133万円

中古戸建・・・3,151万円

新築マンション・・・4,913万円

中古マンション・・・3,295万円

平均資金から比較した場合、戸建てとマンションに大きな差はないように見えます。
しかし、平均床面積に大きな差があることを考慮し、床面積を踏まえて考えた場合には戸建てよりもマンションのほうが割高であるといえそうです。

そのため、同じ広さの住宅を手に入れる場合には、マンションより戸建ての方が割安になる可能性が高いです。

もちろんマンションについては、購入価格に共用設備や施設などの費用も含まれているため、単純な両者の比較だけで判断することは難しいでしょう。

メンテナンス

マンションでは共用部分の管理・修繕は管理会社が行ってくれます。 そのため自分自身で計画を立てる必要はありません。また、共用部分の修繕費用については修繕積立金として毎月一定額の積立が行われています。

ただし、修繕積立金は共用部分の修繕に使われる点に注意が必要です。
そのため室内の設備を修繕・交換する場合には別途で費用を捻出しなければなりません。

対して、戸建の場合は維持管理を自分で計画する必要があり、屋根に外壁、水回りなど修繕が必要になるタイミングは異なるため、費用を計画的に貯蓄する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

戸建てとマンションでは様々な違いがあり、それぞれの特徴を踏まえてどちらにすべきか判断することが大切です。

ペットを買いたい人であれば、戸建ての方が自由に飼うことか出来るでしょう。

セキュリティ面を重視したい人でしたら、管理人が常駐していたり、オートロックや防犯カメラが備えられているマンションのほうがいいでしょう。

あなたにとって、マイホームを購入するうえで何を重視したいか、何を大切にしたいかを考えた上で判断することも大切になります。

戸建てとマンションにはそれぞれに特徴があり、求める暮らしによって向き不向きがあります。
大切な選択だからこそ、迷われたときには是非ご相談ください。