平屋のメリット・デメリット

平屋のメリット・デメリット

昔ながらの日本家屋のイメージがある平屋。 一階建ての住宅であり、階段がなく、LDKや寝室、バスルームなどがひとつのフロアにまとめられている住まいです。

デザイン性や機能性が増したことで、あえて平屋を選択する人が増えているようです。

今回は、平屋のメリット・デメリットについてご紹介します

メリット

生活がワンフロアで完結する平屋には、2階がないことにより様々なメリットが生まれます。

    1. 生活動線がコンパクト
      平屋はワンフロアのため、上下の行き来が必要なく生活動線がコンパクトになります。洗濯や掃除などの家事動線については、2階建てに比べると効率的です。
      ただし、玄関の位置には注意が必要です。
      家の隅に玄関を配置してしまうと、反対側の部屋まで遠くなってしまいます家の中心に近いところに玄関を配置することで、どの部屋へもスムーズに行き来ができる動線となります。
    2. 家族とのコミュニケーションとりやすい
      ワンフロアで生活する平屋では、家族と顔を合わせる機会が増えお互いの気配を感じやすくなります。そのためコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。
      また、リビング中心の間取りにすれば、帰宅した家族と自然に顔を合わせる機会が増えるはずです。
    3. 空間の自由度が高い
      住宅における天井の高さは、法律で定められており一般的な天井の高さは2.4〜2.5mといわれており、これ以上の高さを確保することで天井の高い開放的な空間となります。しかし、2階建ての場合には天井の高さにも限界があります。
      平屋の場合2階部分がありませんので天井の高さを自由に決めることができます。 また、天井を高くしたことで生まれる縦方向の空間を、ロフトやスキップフロアなどで有効活用した間取りにすることもできます。
    4. メンテンナンス費用が抑えられる
      住宅の修繕において、屋根や外壁は高額になりやすいです。そのため、2階建てに比べると平屋はメンテナンスする面積が少ないため修繕にかかる費用を抑えることができます
      一般的に15年に一度行うことが目安とされ、長く住み続けることを考えるとトータルでの費用に差が生じるでしょう。
    5. バリアフリーな空間にできる
      平屋の間取りは、生活がワンフロアで完結していることが特徴です。そのため、階段を上る必要がありません。
      「高齢になり足腰が弱った」や「介護が必要になった」などの影響で、階段のある家では住みづらくなるという問題が生じる場合があります。
      しかし、平屋では床に段差のないフルフラットの間取りにできるため、安心して住み続けられるでしょう。

デメリット

平屋には2階がないことでメリットが生まれますが、同時にデメリットとなってしまう側面もあります。

    1. 広い敷地が必要となる
      平屋を建てる場合には、それなりに広い敷地が必要となります。十分な広さがない敷地に建てた場合には間取りが制限されたり、部屋数が増やせないなど暮らしにくい間取りとなる可能性があります
      また、土地が広くなればそれに比例して固定資産税が高くなっていきますので注意が必要です。
    2. 建築費用が高くなりやすい
      同じ床面積の平屋と2階建ての建物を比べた場合、平屋は基礎部分と屋根部分の面積は倍になります。
      そのため基礎工事と屋根工事にかかる費用が倍近くになり、その分建築費用が高くなりやすいといえます。
    3. 日当たりや風通しが悪くなる場合がある
      周りに住宅が多い土地や、隣に近い土地に平屋を建てる場合、日当たりや風通しを確認する必要があります
      周囲に2階建てばかりであると、平屋は低いため周囲の影響を受けやすくなってしまいます。
      周囲の環境によっては、中庭を作るなどの対策を取り、光を取り込みやすくしたり、風通しがよくしたりと間取りを工夫する必要があります。
    4. プライバシーに配慮する必要がある
      1階のみの平屋では、道路や隣家からの視線が届きやすいため、プライバシーを守りにくい場合があります。
      そのため敷地周辺の人や車の往来状況、隣家の窓の配置などから、窓のサイズや位置を決めることでプライバシーに配慮した間取りをつくる必要があります。
    5. 防犯面に配慮が必要となる
      平屋に限られた話ではありませんが、1階部分に窓が多いと屋外への出入り口が増えることになり防犯面に不安があります。屋外にセンサーライトや防犯用の砂利を敷き詰めるなど防犯面に配慮する必要があるでしょう。
      また、外構部分では塀や垣根を高くせず目隠しができないようにすることも防犯面では効果的といえます。

設計の自由度が高い平屋

メリット・デメリットをご紹介しましたが、平屋はすべての空間がワンフロアで収まるという特徴があります。

2階建てよりも構造的な安定性高く、間取りの柔軟性があり自由度の高い間取りづくりができるでしょう。

天井の高さの自由度を活かして勾配天井を取り入れたり、高窓や天窓を設けたりすることができます。 また、中庭やテラス、ウッドデッキを取り入れることで、様々な用途に活用することができたり開放感を生み出すことができます。

メリット・デメリットを理解しつつ、個性的な間取りの住宅をつくりやすいのが平屋の魅力といえそうです。

平屋のメリット・デメリット

昔ながらの日本家屋のイメージがある平屋。 一階建ての住宅であり、階段がなく、LDKや寝室、バスルームなどがひとつのフロアにまとめられている住まいです。

デザイン性や機能性が増したことで、あえて平屋を選択する人が増えているようです。

今回は、平屋のメリット・デメリットについてご紹介します

メリット

生活がワンフロアで完結する平屋には、2階がないことにより様々なメリットが生まれます。

    1. 生活動線がコンパクト
      平屋はワンフロアのため、上下の行き来が必要なく生活動線がコンパクトになります。洗濯や掃除などの家事動線については、2階建てに比べると効率的です。
      ただし、玄関の位置には注意が必要です。
      家の隅に玄関を配置してしまうと、反対側の部屋まで遠くなってしまいます家の中心に近いところに玄関を配置することで、どの部屋へもスムーズに行き来ができる動線となります。
    2. 家族とのコミュニケーションとりやすい
      ワンフロアで生活する平屋では、家族と顔を合わせる機会が増えお互いの気配を感じやすくなります。そのためコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。
      また、リビング中心の間取りにすれば、帰宅した家族と自然に顔を合わせる機会が増えるはずです。
    3. 空間の自由度が高い
      住宅における天井の高さは、法律で定められており一般的な天井の高さは2.4〜2.5mといわれており、これ以上の高さを確保することで天井の高い開放的な空間となります。しかし、2階建ての場合には天井の高さにも限界があります。
      平屋の場合2階部分がありませんので天井の高さを自由に決めることができます。 また、天井を高くしたことで生まれる縦方向の空間を、ロフトやスキップフロアなどで有効活用した間取りにすることもできます。
    4. メンテンナンス費用が抑えられる
      住宅の修繕において、屋根や外壁は高額になりやすいです。そのため、2階建てに比べると平屋はメンテナンスする面積が少ないため修繕にかかる費用を抑えることができます
      一般的に15年に一度行うことが目安とされ、長く住み続けることを考えるとトータルでの費用に差が生じるでしょう。
    5. バリアフリーな空間にできる
      平屋の間取りは、生活がワンフロアで完結していることが特徴です。そのため、階段を上る必要がありません。
      「高齢になり足腰が弱った」や「介護が必要になった」などの影響で、階段のある家では住みづらくなるという問題が生じる場合があります。
      しかし、平屋では床に段差のないフルフラットの間取りにできるため、安心して住み続けられるでしょう。

デメリット

平屋には2階がないことでメリットが生まれますが、同時にデメリットとなってしまう側面もあります。

    1. 広い敷地が必要となる
      平屋を建てる場合には、それなりに広い敷地が必要となります。十分な広さがない敷地に建てた場合には間取りが制限されたり、部屋数が増やせないなど暮らしにくい間取りとなる可能性があります
      また、土地が広くなればそれに比例して固定資産税が高くなっていきますので注意が必要です。
    2. 建築費用が高くなりやすい
      同じ床面積の平屋と2階建ての建物を比べた場合、平屋は基礎部分と屋根部分の面積は倍になります。
      そのため基礎工事と屋根工事にかかる費用が倍近くになり、その分建築費用が高くなりやすいといえます。
    3. 日当たりや風通しが悪くなる場合がある
      周りに住宅が多い土地や、隣に近い土地に平屋を建てる場合、日当たりや風通しを確認する必要があります
      周囲に2階建てばかりであると、平屋は低いため周囲の影響を受けやすくなってしまいます。
      周囲の環境によっては、中庭を作るなどの対策を取り、光を取り込みやすくしたり、風通しがよくしたりと間取りを工夫する必要があります。
    4. プライバシーに配慮する必要がある
      1階のみの平屋では、道路や隣家からの視線が届きやすいため、プライバシーを守りにくい場合があります。
      そのため敷地周辺の人や車の往来状況、隣家の窓の配置などから、窓のサイズや位置を決めることでプライバシーに配慮した間取りをつくる必要があります。
    5. 防犯面に配慮が必要となる
      平屋に限られた話ではありませんが、1階部分に窓が多いと屋外への出入り口が増えることになり防犯面に不安があります。屋外にセンサーライトや防犯用の砂利を敷き詰めるなど防犯面に配慮する必要があるでしょう。
      また、外構部分では塀や垣根を高くせず目隠しができないようにすることも防犯面では効果的といえます。

設計の自由度が高い平屋

メリット・デメリットをご紹介しましたが、平屋はすべての空間がワンフロアで収まるという特徴があります。

2階建てよりも構造的な安定性高く、間取りの柔軟性があり自由度の高い間取りづくりができるでしょう。

天井の高さの自由度を活かして勾配天井を取り入れたり、高窓や天窓を設けたりすることができます。 また、中庭やテラス、ウッドデッキを取り入れることで、様々な用途に活用することができたり開放感を生み出すことができます。

メリット・デメリットを理解しつつ、個性的な間取りの住宅をつくりやすいのが平屋の魅力といえそうです。