注文住宅と建売住宅

注文住宅と建売住宅

多くの方は、一戸建てのマイホームを購入する際、注文住宅にするか建売住宅にするか検討すると思います。

今回は注文住宅と建売住宅の特徴などを確認し、検討する際の材料にしていただけたら幸いです。

【注文住宅と建売住宅】

多くの方は、一戸建てのマイホームを購入する際、注文住宅にするか建売住宅にするか検討すると思います。

今回は注文住宅と建売住宅の特徴などを確認し、検討する際の材料にしていただけたら幸いです。

注文住宅と建売住宅の特徴

【注文住宅と建売住宅の特徴】

注文住宅

注文住宅は設計事務所や工務店などに、設計から工事までを一貫して依頼するものです。

家族や自分の好み、ライフスタイルに合わせたプラン設計が可能なのが注文住宅の特徴といえます。

  • メリット

注文住宅のメリットは、間取りやデザイン、壁紙やタイルなどの内外装材、キッチンなどの設備などを自由に決められることです。

もちろん建築基準法の制限はありますが、その枠内であれば自由に選択可能です。
ご予算に応じて、コストを抑えたり、逆にグレードの高い住まいを建てることができます。

ただし、ハウスメーカーなど規格化された住宅を建築している場合には、プランや内外装材、設備、工法などが制限され、自由度が下がる場合があり注意が必要です。

また、基礎工事の段階から上棟〜完成まで工事の内容を随時確認できることは、注文住宅の大きなメリットです。

作業の邪魔にならないよう気をつける必要はありますが、現場監督に工事の疑問点などを聞いてみるのいいでしょう。
お施主様がチェックしていると、現場にいい意味で緊張感も生まれやすいと思います。

  • デメリット

注文住宅では、ゼロからプランを作成していきます。

そのため打ち合わせに時間を要することになり、住み始めるまでの期間が長くなりがちです。また、土地から探し始める場合には、土地探しの時間分長くなってしまいます。

完成済み住宅の建売と比べて入居までの期間は長く、入居の時期が決まっている場合には早めのスケジューリングが必要となります。

また、希望の土地が建築条件付きであった場合、売主や売主指定の建築会社と建築工事請負契約を結ぶことを条件として、土地の売買契約を結ぶことになります。

この場合、建築会社が予め決められており、工法や仕様の選択が限られることがあり自由度が下がります。

建築条件を外すことができる場合もありますが、条件を外すために土地価格に上乗せされる場合があり、予定外のコストがかかることがありますのでご注意ください。

注文住宅のメリット・デメリットの図解です

注文住宅

注文住宅は設計事務所や工務店などに、設計から工事までを一貫して依頼するものです。

家族や自分の好み、ライフスタイルに合わせたプラン設計が可能なのが注文住宅の特徴といえます。

  • メリット

注文住宅のメリットは、間取りやデザイン、壁紙やタイルなどの内外装材、キッチンなどの設備などを自由に決められることです。

もちろん建築基準法の制限はありますが、その枠内であれば自由に選択可能です。
ご予算に応じて、コストを抑えたり、逆にグレードの高い住まいを建てることができます。

ただし、ハウスメーカーなど規格化された住宅を建築している場合には、プランや内外装材、設備、工法などが制限され、自由度が下がる場合があり注意が必要です。

また、基礎工事の段階から上棟〜完成まで工事の内容を随時確認できることは、注文住宅の大きなメリットです。

作業の邪魔にならないよう気をつける必要はありますが、現場監督に工事の疑問点などを聞いてみるのいいでしょう。
お施主様がチェックしていると、現場にいい意味で緊張感も生まれやすいと思います。

  • デメリット

注文住宅では、ゼロからプランを作成していきます。

そのため打ち合わせに時間を要することになり、住み始めるまでの期間が長くなりがちです。また、土地から探し始める場合には、土地探しの時間分長くなってしまいます。

完成済み住宅の建売と比べて入居までの期間は長く、入居の時期が決まっている場合には早めのスケジューリングが必要となります。

また、希望の土地が建築条件付きであった場合、売主や売主指定の建築会社と建築工事請負契約を結ぶことを条件として、土地の売買契約を結ぶことになります。

この場合、建築会社が予め決められており、工法や仕様の選択が限られることがあり自由度が下がります。

建築条件を外すことができる場合もありますが、条件を外すために土地価格に上乗せされる場合があり、予定外のコストがかかることがありますのでご注意ください。

注文住宅のメリット・デメリットの図解です

建売住宅

建売住宅は、新規分譲住宅など土地と住宅がセットで販売されているものを指します。住宅完成後や建築中に販売がスタートし、どちらの場合も設計が決まっていることがほとんどです。

新規分譲住宅の場合、広くまとまった土地を複数の区画にわけ、同仕様の住宅を建てることが多く、数棟程度の小規模な分譲住宅地から、数100棟を超えるような大規模分譲地まであります。 特に大規模分譲地では、統一された街並みが形成されます。

  • メリット

建売住宅の場合、完成した建物であれば、売買契約後に住宅ローンの審査が通れば、融資の実行から引渡しまでを短期間で行えるため、注文住宅よりも早く入居することが可能です。

また、同条件の注文住宅と比べて、建売住宅は割安になる場合があります。 特に分譲地では、同じ広さや仕様の家を建てる事が多く、そのため資材をまとめて購入したり、工事を効率的に進めたりとコストを抑えた建築が可能となっているためです。

そして、大きなメリットが、完成した住宅を直接確認できることです。

建売住宅では実際の住宅を見学し、設備や部屋の印象、住まいの動線まで確認することができます。 そのため「イメージと違った」という、後悔するリスクを減らすことができます。

注文住宅の場合、間取りからイメージを具体的にすることは難しいでしょうから、実際に確認できることは大きいといえます。

  • デメリット

では、建売住宅のデメリットはなんでしょう。

建売住宅はすでに設計が決まっているため、要望を取り入れることは難しいです。 自由に設計できる注文住宅とは違い、家族に合わせた間取りなど、希望と一致している住宅を探す必要があります。

あわせて、住宅が建っているため、その土地の状態を確認することも難しくなります。 特に土地が軟弱な場合、しっかりとした地盤改良が行われているのか。その後の基礎工事はどうなのか。住宅の耐震性や耐久性などに影響のある土地の状態を判断することが困難です。

また、同仕様の住宅を建てることが多い建売住宅では、当然ですが同じ建て方の住宅が多くなります。 万人向けする間取りや仕様、デザインとなりますので、こだわった住宅が好みの方にはデメリットといえるでしょう。

建売住宅のメリット・デメリットの図解です

建売住宅

建売住宅は、新規分譲住宅など土地と住宅がセットで販売されているものを指します。住宅完成後や建築中に販売がスタートし、どちらの場合も設計が決まっていることがほとんどです。

新規分譲住宅の場合、広くまとまった土地を複数の区画にわけ、同仕様の住宅を建てることが多く、数棟程度の小規模な分譲住宅地から、数100棟を超えるような大規模分譲地まであります。 特に大規模分譲地では、統一された街並みが形成されます。

  • メリット

建売住宅の場合、完成した建物であれば、売買契約後に住宅ローンの審査が通れば、融資の実行から引渡しまでを短期間で行えるため、注文住宅よりも早く入居することが可能です。

また、同条件の注文住宅と比べて、建売住宅は割安になる場合があります。 特に分譲地では、同じ広さや仕様の家を建てる事が多く、そのため資材をまとめて購入したり、工事を効率的に進めたりとコストを抑えた建築が可能となっているためです。

そして、大きなメリットが、完成した住宅を直接確認できることです。

建売住宅では実際の住宅を見学し、設備や部屋の印象、住まいの動線まで確認することができます。 そのため「イメージと違った」という、後悔するリスクを減らすことができます。

注文住宅の場合、間取りからイメージを具体的にすることは難しいでしょうから、実際に確認できることは大きいといえます。

  • デメリット

では、建売住宅のデメリットはなんでしょう。

建売住宅はすでに設計が決まっているため、要望を取り入れることは難しいです。 自由に設計できる注文住宅とは違い、家族に合わせた間取りなど、希望と一致している住宅を探す必要があります。

あわせて、住宅が建っているため、その土地の状態を確認することも難しくなります。 特に土地が軟弱な場合、しっかりとした地盤改良が行われているのか。その後の基礎工事はどうなのか。住宅の耐震性や耐久性などに影響のある土地の状態を判断することが困難です。

また、同仕様の住宅を建てることが多い建売住宅では、当然ですが同じ建て方の住宅が多くなります。 万人向けする間取りや仕様、デザインとなりますので、こだわった住宅が好みの方にはデメリットといえるでしょう。

建売住宅のメリット・デメリットの図解です

どちらがいいの?

注文住宅と建売住宅はどちらがいいのか。
どちらにもメリット・デメリットがあることを踏まえつつ、マイホームでなにを重視したいかを基準に考えると良いでしょう。

すぐに入居したい方は、建売住宅を選ぶことで、早い時期に入居することが可能となります。

対して、入居の時期までに余裕がある方で、間取りやデザイン、取り入れたい設備・資材にこだわりがある方は、注文住宅を選んで見るものいいかもしれません。
是非、時間をかけてこだわりの家づくりをしてみてはいかがでしょうか。

「入居の時期」「デザインや間取りにこだわりたい」「決まった間取りやデザインから好みのものを比較したい」「実物を確認してから判断したい」など

家族や自分が、マイホームに重視したいものから判断することが大切です。

注文住宅がおすすめの人、建売住宅がおすすめの人の図解です

【どちらがいいの?】

注文住宅と建売住宅はどちらがいいのか。
どちらにもメリット・デメリットがあることを踏まえつつ、マイホームでなにを重視したいかを基準に考えると良いでしょう。

すぐに入居したい方は、建売住宅を選ぶことで、早い時期に入居することが可能となります。

対して、入居の時期までに余裕がある方で、間取りやデザイン、取り入れたい設備・資材にこだわりがある方は、注文住宅を選んで見るものいいかもしれません。
是非、時間をかけてこだわりの家づくりをしてみてはいかがでしょうか。

「入居の時期」「デザインや間取りにこだわりたい」「決まった間取りやデザインから好みのものを比較したい」「実物を確認してから判断したい」など

家族や自分が、マイホームに重視したいものから判断することが大切です。

注文住宅がおすすめの人、建売住宅がおすすめの人の図解です

まとめ

注文住宅は、間取りや内外装・設備などに自由度が高く、時間を掛けてこだわりたい人におすすめです。

一方建売住宅は、入居までの期間が短く、プランの打ち合わせの手間が省けます。決められた間取りやデザインから選びたい人にはおすすめといえます。

当社では、設計から工事までのご依頼のみならず、土地探しからお手伝いしております。 土地をお探し中の方はもちろん、すでに土地をお持ちの方も、ぜひ当社にご相談ください。

お客様のライフスタイルに合わせた、こだわりの家づくりをお手伝いいたします。

【まとめ】

注文住宅は、間取りや内外装・設備などに自由度が高く、時間を掛けてこだわりたい人におすすめです。

一方建売住宅は、入居までの期間が短く、プランの打ち合わせの手間が省けます。決められた間取りやデザインから選びたい人にはおすすめといえます。

当社では、設計から工事までのご依頼のみならず、土地探しからお手伝いしております。 土地をお探し中の方はもちろん、すでに土地をお持ちの方も、ぜひ当社にご相談ください。

お客様のライフスタイルに合わせた、こだわりの家づくりをお手伝いいたします。