pb01-1

パワービルド工法とは?

パワービルド工法とは?

パワービルド工法は、日本で愛される木の住まいを頑強な「木の剛邸」へと進化させた工法です。
これまでの日本の住宅は単に柱や梁を太くしたり、ボルト・ナットを利用した金物で補強することで建物強度を上げてきました。
パワービルド工法では、ボルト・ナットを使用せず、専用のオリジナル金物で柱や梁を緊結する、きわめて構造信頼性の高い次世代の工法です。

パワービルド工法は、日本で愛される木の住まいを頑強な「木の剛邸」へと進化させた工法です。
これまでの日本の住宅は単に柱や梁を太くしたり、ボルト・ナットを利用した金物で補強することで建物強度を上げてきました。
パワービルド工法では、ボルト・ナットを使用せず、専用のオリジナル金物で柱や梁を緊結する、きわめて構造信頼性の高い次世代の工法です。

新しい建築工法

柱や梁には頑丈な構造用集成材を使用し、さらに壁には構造用耐力面材で補完します。

建物の強度UP

厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応した構造計算を実施しています。

高い整合性

パワービルド工法では、構造設計において、構造計画から構造設計、プレカット加工データまでを行う一貫体制を整えています。

新しい建築工法

柱や梁には頑丈な構造用集成材を使用し、さらに壁には構造用耐力面材で補完します。

建物の強度UP

厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応した構造計算を実施しています。

高い整合性

パワービルド工法では、構造設計において、構造計画から構造設計、プレカット加工データまでを行う一貫体制を整えています。

高耐震性能を実証

阪神・淡路大震災の1.25倍の振動を与えても倒壊しない十分な耐震性能を発揮することが実証されました。

耐久性を強化

地盤や基礎、材料、設計など、あらゆる部分で建物の性能を強化する対策をご用意。

自由な空間設計が可能

地震に強い建物でありながら、開放感ある大空間を実現できる建築工法です。

高耐震性能を実証

阪神・淡路大震災の1.25倍の振動を与えても倒壊しない十分な耐震性能を発揮することが実証されました。

耐久性を強化

地盤や基礎、材料、設計など、あらゆる部分で建物の性能を強化する対策をご用意。

自由な空間設計が可能

地震に強い建物でありながら、開放感ある大空間を実現できる建築工法です。